遺品整理作業の流れについて

新着記事

遺品整理作業の流れについて

遺品整理はどんな流れで行われるのでしょう。

遺品整理の流れをまとめておきます。

業者によって作業の流れは違うかもしれませんが、だいたい同じような流れで行われると言えるでしょう。

▼契約までの流れ

まず、問い合わせの電話をします。

ホームページを持つ業者なら、問い合わせフォームなどがあるかと思いますので、それを使っても良いです。

これなら24時間受け付けてもらえます。

そして、遺品整理をする現地に行って見積もりをしてもらいます。

遺族の希望や悩みを聞き、それに対応してくれます。

提示された金額に納得できれば契約となります。

▼作業当日の流れ

遺品整理当日は、作業する人全員でミーティングをし、依頼者の希望や作業手順を共有します。

こうすることでスムーズに作業ができるのです。

優良業者は近隣の住民に荷物の搬出があることを伝え、騒音トラブルなどが起こらないよう配慮しています。

また、搬出経路や部屋の中もきちんと養生し、傷がつかないようにします。

そして遺品の分別、梱包、搬出が終われば部屋の清掃をします。

作業がすべて終われば、依頼者にも確認してもらい、作業費用を支払って終了です。

▼遺品はどうなるの?

依頼者に手渡しした貴重品や思い出の品以外に業者が引き取った遺品は、供養が必要なものは合同供養を、リサイクルができるものはリサイクルへ、もし誤って貴重品らしきものが含まれていた場合は再度依頼者に連絡し、お返しするような心配りをしています。

遺品整理専門業者なら安心ですね。