遺品整理でありがちなトラブルとは

新着記事

遺品整理でありがちなトラブルとは

遺品整理は、最近になって専門の業者が行うようになり、マスコミで紹介される良い業者が増えてきました。

しかし中には悪質業者もおり、様々なトラブルが起こっているようです。

遺品整理で起こる可能性があるトラブルを知っておきましょう。

▼無断回収されることも?

故人の遺品の中には、遺族が知らないものもたくさん含まれています。

貴金属や現金などが遺品整理をしていると見つかることがあります。

本来、遺品整理の業者はこういった貴重品が見つかると全て取りまとめ、遺族(依頼者)に返却するものなのですが、中には貴重品を無断回収して勝手に売却するような悪質業者があるので注意しましょう。

合わせて読みたい記事…遺品整理で増える2つのトラブル!防ぐ手立ては?

▼提示金額が安すぎる業者は注意

見積もり額が安すぎる業者も気をつけないといけません。

依頼する方はできれば安い方が良いと思っていますから、つい安い業者で契約しがちです。

しかし、作業が終了してから追加料金が発生したなどと言い、見積もり額の何倍もの金額を請求される例もあります。

そのためには、遺品整理の相場金額を知っておくようにしましょう。

遺品整理の料金相場をまとめてあるサイトがありますので参考にしましょう。

▼業者としっかり打ち合わせを

業者によっては、遺品整理と言いながら事務的にすべてを不用品扱いにして遺品をゴミのように扱い、とても嫌な思いをしたという遺族がいます。

できれば作業に遺族も立ち会い、大切に扱って欲しいもの、処分して良いものとを業者と話し合いながら行うと良いでしょう。