なかには特殊清掃まで行う業者も

新着記事

なかには特殊清掃まで行う業者も

遺品整理の専門の業者では、特殊清掃を行うところがあります。

特殊清掃とは、事故や事件、孤立死などで発見が遅れ、部屋に臭いや害虫が発生してしまったところをきれいに元通りにすることです。

これは一般の清掃ではできませんので、専門業者に依頼することをおすすめします。

▼増えてきた孤立死

高齢化と単身世帯が増加したことで、誰にも知られずに亡くなってしまい、発見が遅れてしまうケースがとても多くなっています。

人は亡くなると腐敗しますし、血液や体液がすべて体外へ流れてしまうので布団や床が汚れてしまい、臭いが染みついてしまいます。

当然害虫も発生し、悪臭が周囲に立ち込めます。

▼特殊清掃後に遺品整理も

特殊清掃を行う遺品整理の業者は、まず特殊清掃をしてきれいにした後、遺品整理も行いますので一度に全て片付きます。

最近では特殊清掃を専門にしていた業者でも、遺品整理をしてくれるところが増えているようなので、確認してみると良いでしょう。

▼いくら身内でもできない

いくら身内が亡くなった部屋だと言っても、孤独死の後の部屋は悲惨で見られないと言います。

掃除をするのも、血液や体液の臭いは洗剤で取れるものではありません。

まずは専門家にきれいにしてもらい、それから遺品整理を行うと落ち着いて整理ができます。

特殊清掃のみを業者に依頼して、遺品整理は遺族ですることももちろんできます。

どこまでを業者にしてもらうかを話し合っておくと良いでしょう。

【気になる記事】URL:https://www.oita-press.co.jp/1028000000/2028008000/201611241306